20代・30代でも起こりうる、『若年性更年期』とは?

皆さんは、『若年性更年期』という言葉を耳にしたことがありますか?

若年性更年期とは無理なダイエットやストレスなどが原因でホルモンバランスが乱れることにより、本来閉経前後10年くらいに女性に訪れる更年期の症状が、20代30代のうちに出てしまうという現象を言います。

つまり、『若年性更年期』は本当の意味での『更年期』とはちょっと違うというわけです。

今日は、この『若年性更年期』についてお話してみたいと思います。

若年性更年期の原因は?

若年性更年期の原因の一つは、自律神経失調症です。ストレスや過度なダイエットなどで、卵巣が機能不全となってしまい、生理不順やホルモンバランスの乱れが生じます。

もうひとつの原因は、PMSと呼ばれる月経前症候群です。生理前にイライラしたり、精神的に落ち込んだりしてしまう傾向がおおい症候群です。

2つとも、更年期障害と似たような症状ですね。

若年性更年期はどうやってわかる?

まずはかんたんなセルフチェックをしてみましょう。

月経不順や月経痛があるか、頭痛や胃痛、肩こりがあるか、疲れが取れづらいか、のぼせやめまいがないか、白髪や抜け毛が多いか、下痢や便秘が多いか、よく眠れるか、精神的に落ち込みやすいか、人と話したくないと思うことがあるか、イライラしがちか、注意力が散漫になっていないか、などの項目に心あたりがある人は、もしかすると若年性更年期かもしれません。

とくに月経不順やのぼせやめまいなどの体の症状がはっきりと出ている場合は、早めに婦人科を受診しましょう。

心のほうの症状が思いと感じる場合は、心療内科などに行くのもよいかもしれません。

また若年期性更年期にいいと言われる更年期サプリもいいといわれています。

若年性更年期にならないためには?

若年性更年期障害は、閉経が早くきてしまったというケースでない限り、ストレスや過度のダイエット、生活習慣の乱れ、食生活の乱れなどが原因でホルモンバランスが乱れてしまったことが原因で起こるものです。

ですから一番の予防は、食生活を整え、規則正しい生活をし、適度な運動をし、よく眠ることなのです。

また、ストレスがたまりやすいという人は、その解消方法などを見出し、ストレスとうまく上手につきあっていくように心がける必要があります。

また20代30代は女性にとってもとても大切な時期ですから、この時期にあまりに過度なダイエットをすることも避けるほうが無難です。

閉経にともなう更年期とは違い、若年性更年期は20代30代のうちから注意しておけば、ある程度避けられる、または重症化を防げるものかもしれませんね。

ぜひ自分の体としっかり向き合って、大切にしてあげましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ