健康的に痩せるダイエットためのダイエット方法とは

ダイエットというと世の女性は常に、何らかのダイエットをしては、失敗、挫折など苦い経験をたくさんしてきているのではないでしょうか?

ダイエット商品って今はどこのお店にも溢れてますね。サプリメント、1食置き換えのシェィかク食品、ドリンクなど多々ありますね。

ダイエットといっても、不健康なやり方でやれば、体を壊す危険性が高く、どうもこうもありません。綺麗になりたいと本気で思い、健康的に少しずつ痩せるのが1番です。

ダイエットの注意点、身近でできる事について、書いていきたいと思います。

痩せたいなら食事の内容、バランスにこだわろう

ダイエット中だからと低カロリーばかりなものを意識し、あまりにそれにこだわりすぎれば必ずストレスとなり、ある時、どか食いをしてしまいそうになります。こうなるとダイエット効果も全く無意味です。たとえばカレーなどは安治が濃く、ダイエットには不向きととらえる人が多いようですが、決してそんなことはありません。

確かにカレールーそのものはカロリーが高いです。でも辛味の成分がある分、体をシャキッとさせてくれ、代謝を上げる作用もたっぷりあります。

又カレーには野菜もたっぷりいれても美味しく頂けます。ほうれん草などそれ自体が苦手でもミキサーにかけ、混ぜると美味しいほうれん草カレーになりますね。我慢ない程度に美味しいものも味わいながら、食を楽しむ心を忘れない様にしましょう。

冷蔵庫にヨーグルト、納豆、ヤクルト、プルーンなど食物繊維の豊富なストックを常備しておこう

あまりにダイエットを意識するあまり、必要異常に食事制限をしたりすると便秘になるなど体は悪循環に陥ります。便秘はダイエットの大敵です。

そこで常備しておくとよいのが上記の食品です。ヤクルトは善玉菌を増やし、ヨーグルトは小腹が空いた時や朝御飯でも気軽に食べれます。レンジで温めると更に食物繊維が増し、お薦めです。

間食はなるべく控える。どうしてものときはさつまいも、ドライフルーツなどを食べる

間食にポテトチップス、チョコ、ケーキなどの甘味は絶対お勧めしません。たとえ食事を控えても、高カロリーの間食はあっという間に脂肪となやすく、便秘にもなりやすいです。

でもどうしてもというときは、さつまいも、ドライフルーツ、ナッツ、くるみなどがお勧めです。こちらは食物繊維が豊富で便秘改善の味方になります。

食事にこだわりをもち、ストレスのない程度に食事内容にこだわりを持ちながら生活することに視点をおきました。ぜひ、参考にして頂けるとありがたいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ