ココナッツオイルをもっと身近に!3つの使い方をご紹介

もはや定番のオイルとなりつつあるココナッツオイルですが、今回は、使ってみたいけどどうやって使えばいいの?という方に、簡単ですぐに実践できる使い方を3つ、ご紹介します。

また、私が実際に使用して、変化のあったことについても合わせてご紹介したいと思います。みなさんにも、この記事を読んで、ココナッツオイルをより身近に感じていただければと思います。

スプーン1杯をホットドリンクに

ココナッツオイルの定番の使い方の一つで、一番のおすすめはスプーン1杯のオイルをホットドリンクに入れることです。私はいつもコーヒーか紅茶に入れて、飲んでいます。注意していただきたいのは、オイルを摂取しすぎないこと。

ヘルシーなオイルといえど、オイルはオイルです。1日小さじ1杯〜2杯までをおすすめします。また、ココナッツオイルは冷たい飲み物に入れると固まってしまうため、暖かい飲み物に入れるようにしてください。私はココナッツオイル入りのコーヒーを毎朝1杯飲むことで、長年悩まされていた便秘が解消されました。

これまではサプリメントや漢方を使用していた私ですが、今はこのココナッツオイルのみで毎日お腹がスッキリしています。便秘に悩まされている方はぜひ使用していただきたいと思います。

バターの代わりにトーストに

次に紹介する方法は、バターの代わりに使用するという方法です。トーストに普段バターを使用している方には、ココナッツオイルに変更するだけで、簡単に使用することができます。ポイントとしては、トーストをする前に、パンにココナッツオイルを塗ること。

焼いている間に、ココナッツの甘い香りがし、焼き上がりも表面がカリッと焼き上がります。バターよりも低カロリーで体に油が付きにくいので、ダイエット中の方には非常におすすめです。そのまま食べても十分美味しいですが、焼き上がりのトーストに蜂蜜をかけて食べると絶品です。

蜂蜜にも健康にたくさんの効果があるため、ココナッツオイルとのダブル効果で非常におすすめです。

目玉焼き・卵焼きに使ってみよう

ココナッツオイルの独特の香りが苦手な方におすすめする使い方は、サラダ油の代わりに使うという方法。私が使用した中でも得におすすめは、目玉焼き、卵焼きに使用する方法です。

サラダ油に比べ、とてもヘルシーなココナッツオイルは、日頃の料理にもどんどん使うことができます。

目玉焼きや卵焼きは、焼き上がりがサラダ油に比べこっくりし、クセもないため誰でも美味しく頂くことができます。実際、私の主人も、ココナッツオイルが苦手でしたが、ココナッツオイルで焼いた目玉焼き、卵焼きは美味しいと、いつも絶賛してくれています。

ココナッツオイルには、アルツハイマーの予防効果もあると言われているため、自分以外の家族にもどんどん使用していきたいですよね。そんな方には非常におすすめの使い方です。

以上、今回はココナッツオイルの簡単な使い方を3つ紹介しました。
健康にも美容にもとてもおすすめのココナッツオイル。ぜひ皆さんも、チャレンジしてみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ