女性の健康にかかすことができない腸内環境を整える方法について

人間のボディーには免疫機能が備わっていて、そのおよそ7割が腸に集まっています。

日々の健康と腸内環境には、密接な関係があります。腸内の腸内細菌の中でも、善玉菌は免疫の活性化に関連しています。

体に有害か無害かを区別し、有害の場合は、排除させる作用は、腸内細菌によってコントロールされています。腸内環境を整えるには、腸内細菌のバランスを善玉菌中心に常時保持することが大切です。

腸内環境のコントロールは食生活が大事

●高タンパク質・高脂肪な肉類の摂取を低減する

高タンパク質・高脂肪の食事は、悪玉菌が増加する元となります。悪玉菌が活発化してしまうので、肉類の過剰摂取には気をつけましょう。また、脂肪は時として消化不良を惹起し、下痢になこともあります。

●水分を多く摂取するよう気を配る

水分不足は、便秘の原因の1つだそうです。便秘は、悪玉菌の温床や有害物質発生が原因です。毎日、コップ8杯ほど、およそ2リットルをおおよその見当に水を飲用すべきです。

●発酵食品・食物繊維を視認してたくさん摂取する

発酵食品は、腸内細菌に栄養を運んでくれます。食物繊維は善玉菌の増加を助力し、腸内で水分を吸収するので、軟便になれます。格段、大豆やごぼう、さつまいも、ハト麦、玄米などがお勧めです。また、オリゴ糖を同時に摂取すると、効果絶大となります。バナナやきな粉、たまねぎ、にんにくなど、オリゴ糖は発酵食品に含有される乳酸菌の食料となるのです。

●極力定められた時間に食事をする

食生活が、乱れると自律神経が乱れてしまいます。自律神経は免疫システムを機能させるのに必要不可欠なので、極力、毎日特定の時間に食事をするよう努めましょう。

●朝食を確実に摂り入れる

朝食を確実に摂ることで、体温をアップし、免疫力を高めます。さらに毎朝、腸に刺激を及ぼすことにより、便意を感じやすくなりがちになります。

●極端な食事制限ダイエットは辞めるべき

ダイエットのために強度に食事を制約すると、便秘が慢性化しやすいです。ダイエット最中でも、極力、発酵食品や食物繊維がふんだんな食品を口にするようにしましょう。
腸内環境をコントロールするためには、軽めのスポーツもおススメです。腹筋やウォーキングなどの有酸素運動が特に良いです。腹部へのマッサージは、腸の働きを促してくれます。

ストレスに気をつける

ストレスがたまると、自律神経のバランスが乱れ、腸の運動が停滞し便秘が惹起しやすいです。

健康な腸内細菌を保持する個物は、不安や心配などのストレスが最小限ですみます。

腸の健康を保持するためには、副交感神経のために「リラックスして過ごす時間」を上手く生活の中でつくりだすとが大事です。

その他にも自分にピッタリのリラクゼーション方法を見つけ、腸内環境をより良いものにして行きましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ